オススメリンク
アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
2014年12月
     
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
簡単に改善しよう
青い薬

便秘を改善することは、ダイエットのみならず様々な病気の予防にもつながります。
食生活が欧米化する昨今、日本人の食生活は慢性的に野菜不足が続いています。
野菜にはビタミンだけでなくミネラルや食物繊維が含まれ、総合的に健康を支えています。
たとえばレタスであればビタミンCや水溶性食物繊維が含まれていて、ごぼうであれば、ミネラル分や不溶性食物繊維を多分に摂取することができます。

水溶性食物繊維は腸内の便に水分を与え、やわらかくするほか、腸内環境を整える乳酸菌などの善玉菌の発生を促進する効果があります。
不溶性食物繊維はごぼうや豆類などに多く含まれ、繊維によって便の硬さが増し、腸の蠕動運動を増やし便秘を解消する効果を持っています。
しかしこちらの不溶性食物繊維は、便の量を増加させますが摂取し過ぎると腸の中で硬くなる効果で便秘になったり、ミネラル分を排出しすぎてしまうので注意しましょう。
腸内の善玉菌を増やすには、善玉菌の発生源となる餌を増やすことが重要です。
ビフィズス菌などをはじめとする善玉菌は、オリゴ糖やイヌリンなどの糖類やでんぷん類を摂取することで増加する傾向にあります。
このように善玉菌を増やす効果のある食物を摂取することを、プレバイオティクスと呼びます。
オリゴ糖などを摂取するのが難しい場合は乳酸菌やビフィズス菌そのものを摂取してみるのも良いでしょう。
ヨーグルトやサプリメントなどに含まれる善玉菌は量が多く効率的に腸内の善玉菌を増やして便秘改善に繋がります。

サプリメントでも食品でも便秘改善に良いことは確実と言えますし、ダイエットのために便秘改善を達成したいという人もいるでしょう。
ダイエットのためには新陳代謝を高め、栄養分の循環を良くすることが重要です。
ですから、便秘が慢性化していると腸内に毒素を持った便が溜まるのでダイエットの効率が大幅に落ちることを防ぐようにしましょう。